プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

Twilio 試した(3/3):FAX 受信と通知を試しました

Twilio 試用のその3になります。

Twilio 試した(1/3):電話(音声通話)機能を使ってみました - プログラマーのメモ書き

Twilio 試した(2/3):FAX 送信を試しました - プログラマーのメモ書き

Twilio 試した(3/3):FAX 受信と通知を試しました - プログラマーのメモ書き

さて、最後は FAX の受信と通知を試してみたいと思います。

FAX 受信

受信するだけなら、下記のように定義した TwiML を作成し、



  
  

電話番号の設定画面で、下記のようにFAX受信時に、上記のTwiMLを呼び出すように設定します。

f:id:junichim:20181109115719p:plain

受信テスト

上記の設定後、自宅の電話器からFAXをTwilioの電話番号あてに送ります。するとなんの変化もありません。 まあ、電話機側はFAX送信に失敗するとエラーを表示するので、送れてはいるんだと思います。

受け取ったFAXはどうやって確認するのだろうか?

と思っていたら、FAXに関しては、電話の録音などと違い、REST API 経由でしか確認ができないそうです(Twilio のサポートさんに教えていただきました)。

とりあえずブラウザで受信FAX一覧リストを取得するURLをたたきます。

jp.twilio.com

ユーザー名とアカウント名の入力が求められるので、AccountSid と AuthToken を入力します(コントロールパネルのダッシュボードで確認できます)。 詳しくはここに載ってます。

するとJSON形式の文字列がずらずらと取得されます。こんな感じのイメージです。

{
     "meta":{
         "page":0
        ,"page_size":50
        ,"first_page_url":"https://fax.twilio.com/v1/Faxes?PageSize=50&Page=0"
        ,"previous_page_url":null
        ,"url":"https://fax.twilio.com/v1/Faxes?PageSize=50&Page=0"
        ,"next_page_url":null
        ,"key":"faxes"
    }
    ,"faxes":[
        {
             "media_sid":"MExxxxxxxxxxxxxxxx"
            ,"status":"received"
            ,"direction":"inbound"
            ,"from":"+81xxxxxxxxxx"
            ,"date_updated":"2018-11-08T06:43:25Z"
            ,"price":"-0.6"
            ,"account_sid":"アカウントSID"
            ,"to":"+81xxxxxxxxxxx"
            ,"date_created":"2018-11-08T06:43:01Z"
            ,"url":"https://fax.twilio.com/v1/Faxes/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
            ,"sid":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
            ,"duration":23
            ,"num_pages":1
            ,"quality":"standard"
            ,"price_unit":"JPY"
            ,"api_version":"v1"
            ,"media_url":"https://media.twiliocdn.com/fax/xxxxxxxxxxxx"
            ,"links":{
                 "media":"https://fax.twilio.com/v1/Faxes/FXxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/Media"
            }
        }
        ,{
             "media_sid":"MEyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy"
            ,"status":"received"
            ,"direction":"inbound"

この一覧には、送信、受信の両方の情報が載っています。受信したFAXは、status が received 、送信したFAXは、delivered になります。 確かに受信できているようです。

実際の受信データは media_url に記載されているリンクを表示すると、無事に pdfが表示され、送ったFAXであることがわかりました (今回の場合 TwiML で受信データ種類を pdf と指定しています。Tiffも選べるようです)。

FAX 受信と通知

あと、もう一息。

ここまで来たら、受信があったら、通知を出せばOKです。通知にもいろいろありますが、ここはまずメールに出します。 ついでに、通知だけでなく受け取ったFAXそのものも添付ファイルで送れるとなおうれしいです。

今回は、 TwiML でFAXを受け取り、actionで受け取り後に呼び出すURLを指定します。そのURLは、TwilioのFunctions(サーバーレスな関数実行機能。AWSのlambda みたいなもの)を定義して、そいつで処理します。

Functions

TwiML がFAX受信後に呼び出す関数を定義します。

Runtime の Functions を選択します。

f:id:junichim:20181109163435p:plain

大きなプラスボタンを押すとFunctionsの定義画面が表示されます。

f:id:junichim:20181109163558p:plain

とりあえず、 Blank を選択して、Create ボタンを押します。

f:id:junichim:20181109163723p:plain

こんな感じの定義画面が出てきます。

FUNCTION NAME に関数名を入力します。 ここでは、 faxReceive としました。

下部のCODEの部分にコード(node.js)を書いていきます。 今回作ったのはこんな感じです(長くなるので、Gist に置いときます)。

Twilio FAX 受信時にメールを送信するサンプル · GitHub

(参考)

下記の記事を参考に作りました。助かりました。ありがとうございます。

qiita.com

ちなみに、上記のURL先の参考にしたサイトと違うところは、今回作ったほうは Promise をかましているところです。 (参考サイトのは、メール送信のあと、 slack への通知も行っているので大丈夫なんだと思います。)

Functions の設定

上記はnode.jsのモジュール nodemailer を使っているので、それを利用可能にする必要があります。 これは、コンソールの Runtime から Functions へ進み、設定を選択すると

f:id:junichim:20181109174055p:plain

のように、画面下部に dependencies というところが出てきます。 ここで、プラスボタンを押して、ライブラリの名前とバージョン番号を入力すればOKです。

TwiML

TwiML は上記のものを少し変えて、Functions を呼び出すようにします。



  
  

faxReceived というのが作ったFunctionsの名前です。

試す

電話番号設定は上記のFAX受信のままであれば、変更する必要ありません。

これでFAXを送ってみます。 無事に送信後、メーラーでメールが受信できているかみると、

f:id:junichim:20181109183106p:plain

おぉ。無事に届いていますね。

注意点

Twilio 側の問題ではないのですが、今回使ったメールサーバーがさくらインターネットのものでした。それに関して送信できないのが2点ほどあったので、書いておきます。

エラーその1

Twilio でメール送信を設定しても、何度かエラーが出ます。Twilio のログを見ると

error: Error: Hostname/IP doesn't match certificate's altnames: "Host: SMTpサーバー. is not in the cert's altnames: DNS:*.sakura.ne.jp, DNS:*.180r.com, DNS:*.2-d.jp, DNS:*.achoo.jp, DNS:*.amaretto.jp, DNS:*.bona.jp, DNS:*.chew.jp, DNS:*.crap.jp, DNS:*.daynight.jp, DNS:*.deko8.jp, DNS:*.dojin.com, DNS:*.eek.jp, DNS:*.flop.jp, DNS:*.from.tv, DNS:*.fubuki.info, DNS:*.gokujou.biz, DNS:*.grats.jp, DNS:*.grrr.jp, DNS:*.halfmoon.jp, DNS:*.ivory.ne.jp, DNS:*.jeez.jp, DNS:*.jpn.org, DNS:*.kir...

メールサーバーのドメイン名とサーバー証明書のドメイン名が一致しないのが原因のようです。

回避するには、

tls: {
                rejectUnauthorized: false
            }

とすれば、とりあえずなんとかなります。でも望ましい状態ではないので、テスト用ですね。

(参考)

paulownia.hatenablog.com

エラーその2

上記の対策後もまだエラーが出ます。 Twilio のログをみるとこんな感じです。

error: Error: Mail command failed: 550 5.7.1 <username@domainname>... Command rejected

調べてみると、さくらインターネットのデフォルトの設定では、『国外IPアドレスフィルタ』というのが有効になっており、海外のサーバーからのSMTP送信をブロックします。

help.sakura.ad.jp

このため、最初はなかなかメールがこないという状況になってしまいました。 とりあえずテストの間だけ、この設定を無効にしたらちゃんと届きました。

メール周りはいろいろありますね。メールじゃなくてslackのほうがいいかもしれないなと思い始めてます。

まとめ

Twilio を試すというのをいろいろとやってみました。 留守電、FAX送受信とも問題なくできそうです。

FAXの料金表には、送受信ページ数に関する記載しかないですが、実際には通信量もかかってます。 通信費が、送信で1分5.4円(受信は1分0.6円)なので、FAX送信数が多いと当初の目論見は成立しないかもしれません。

まあ、FAXで送るのはそれほど多くないので大丈夫かな?とタカくくってます。

なんにしても、いろいろと便利なことができそうで楽しみです。