プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

ローカルサーバーにsshで接続する

misocaのブログngrokの紹介が載っていて、あ、面白そうなサービス、と思っていたところ、NATの内側にあるローカルサーバーに外部からSSHで接続する必要が生じたので、早速試してみました。

 

インストール

インストールはなにも難しくありません。

mor@LaptopDev:~/bin$ wget https://dl.ngrok.com/ngrok_2.0.19_linux_386.zip
mor@LaptopDev:~/bin$ unzip ngrok_2.0.19_linux_386.zip

ダウンロードする際は、32bit版/64bit版がわかれているので、そこだけ注意してください(32bit版は、More Platforms を開くとでてきました)。

早速動かしてみます。

mor@LaptopDev:~/bin$ ./ngrok tcp 22
Tunnel session failed: Non http-protocols are only available after you signup at https://ngrok.com/signup
mor@LaptopDev:~/bin$ 

おっと、SSHの場合は、サインアップが必要だそうです。なので、https://ngrok.com/ からサインアップします(GitHubアカウントがあったのですぐでした)。

サインアップした時点では、freeプランなので、お金もかかりません。

 

サインアップ後、ngrokサイトのダッシュボード画面で表示されるauthtokenを指定してやります。

mor@LaptopDev:~/bin$ ./ngrok authtoken xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

設定ファイルが、~/.ngrok2/ngrok.yml に作成されます。

これで、

mor@LaptopDev:~/bin$ ./ngrok tcp 22

とすると、見事にポートフォワーディングをしてくれました。

 

設定ファイルの作成

これでも十分使えるのですが、今回の場合対象のサーバーがリモートにあるので、OS起動後に自動的に ngrok の設定ができていると嬉しいです。

~/.ngrok2/ngrok.yml の内容を追記します。設定ファイルの内容はngrokのDocumentationに詳しく載ってます。

authtoken: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
log_level: info
log_format: logfmt
log: /var/log/ngrok.log
tunnels:
  ssh:
    proto: tcp
    addr: xxx

addr でポート番号を指定します。ssh のポート番号を変える場合は、/etc/ssh/sshd_config 側の設定も確認してください。

これを呼び出すには、

mor@LaptopDev:~/bin$ ./ngrok start --config=~/.ngrok2/ngrok.yml ssh

のように呼び出します。コマンドライン上のsshは、設定ファイル中のssh(トンネル名?というのかな)に対応しています。この名前はユーザーが任意につけられるようです。

今回は、簡単に確認するため、cronで起動時に、これを呼び出すようにしてみます。

mor@LaptopDev:/etc/cron.d$ cat ngrok 
# /etc/cron.d/ngrok: crontab entries for ngrok

SHELL=/bin/sh
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

@reboot  root    /opt/ngrok/bin/ngrok start --config=/opt/ngrok/ngrok2/ngrok.yml ssh >> /var/log/ngrok.log 2>&1
mor@LaptopDev:/etc/cron.d$ 

 

設定ファイル等はrootの持ち物にして、それっぽい場所におきました。設定後、再起動してから、ngrok.comのダッシュボードを見ると

 

のように接続用のURLが登録されていることがわかります。

もし、接続用のURLやポート番号を固定にしたい場合は、有料プランに変更すればよいようです。

 

ここまで、無料でつかえるなんて、ngrokさんありがたすぎです。