プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

EC2 の Ubuntu で apt upgrade した場合について

こちらの記事『 Let's Encrypt のプロトコルを ACME v1 -> ACME v2 に変更しました』 に書いたように、作業ミスにより、

sudo apt upgrade

を実行してしまいました。

システムに大きな変更はしていないので、特に問題もなくパッケージの更新が終わると思いきや、下記画面が表示されて grub の再設定を求められました。

f:id:junichim:20200514094929p:plain

とりあえずは、 grub はどこにもインストールしないとして進むと次に

f:id:junichim:20200514095032p:plain

と menu.lst が変更されてるのでどうするか?と聞かれます。

とりあえず、『現在インストールされているローカルバージョンを保持』を選択して、処理終了後一度再起動したら、問題なく動作しました。

このままだと気持ち悪いので、何が起きていたのか調べてみました。

問題

今回、この問題が発生した環境は EC2 上の Ubuntu 18.04 になります(ami-0eeb679d57500a06c)。

ネットを調べてみると類似の問題が昔からあるようです。いくつかの記事を見ていると、 apt upgrade --yes としても対話プロンプトが出てくるので自動更新できない、といった感じのものが多いようです。

amazon ec2 - "A new version of /boot/grub/menu.lst is available" when upgrading Ubuntu on an AWS server - Server Fault

(上記の機械翻訳っぽい記事)

AWSサーバーでUbuntuをアップグレードする場合の「/boot/grub/menu.lstの新しいバージョンが利用可能」

linux - How to avoid GRUB errors after running apt-get upgrade - Ubuntu - Server Fault

どうも、EC2 は起動する際に grub-legacy を使っているのに対して、 grub2 の設定とぶつかっているっぽい印象です。

システム更新後ですが、 grub 関連のパッケージはこんな感じに入っているようです。

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ dpkg --list | grep -i grub
ii  grub-common                      2.02-2ubuntu8.15                    amd64        GRand Unified Bootloader (common files)
ii  grub-gfxpayload-lists            0.7                                 amd64        GRUB gfxpayload blacklist
ii  grub-legacy-ec2                  1:1                                 all          Handles update-grub for ec2 instances
ii  grub-pc                          2.02-2ubuntu8.15                    amd64        GRand Unified Bootloader, version 2 (PC/BIOS version)
ii  grub-pc-bin                      2.02-2ubuntu8.15                    amd64        GRand Unified Bootloader, version 2 (PC/BIOS binaries)
ii  grub2-common                     2.02-2ubuntu8.15                    amd64        GRand Unified Bootloader (common files for version 2)
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

最初の画面のプロンプトをよく見ると『 grub-pc の設定』とあったので、その grub-pc パッケージの詳細を表示させるとこんな感じでした。

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ apt show grub-pc
Package: grub-pc
Version: 2.02-2ubuntu8.15
Priority: optional
Section: admin
Source: grub2
Origin: Ubuntu
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com>
Original-Maintainer: GRUB Maintainers <pkg-grub-devel@lists.alioth.debian.org>
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Installed-Size: 577 kB
Depends: debconf (>= 0.5) | debconf-2.0, grub-common (= 2.02-2ubuntu8.15), grub2-common (= 2.02-2ubuntu8.15), grub-pc-bin (= 2.02-2ubuntu8.15), ucf, grub-gfxpayload-lists
Conflicts: grub (<< 0.97-54), grub-coreboot, grub-efi-amd64, grub-efi-ia32, grub-ieee1275, grub-legacy, grub-xen
Replaces: grub, grub-common (<= 1.97~beta2-1), grub-coreboot, grub-efi-amd64, grub-efi-ia32, grub-ieee1275, grub-legacy, grub2 (<< 2.02-2ubuntu8.15)
Homepage: http://www.gnu.org/software/grub/
Task: ubuntu-live, kubuntu-live, xubuntu-live, lubuntu-live-share, lubuntu-live, lubuntu-live-qt, lubuntu-live-gtk, ubuntustudio-dvd-live, ubuntukylin-live, ubuntu-mate-live, ubuntu-budgie-live
Supported: 5y
Download-Size: 138 kB
APT-Manual-Installed: no
APT-Sources: http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates/main amd64 Packages
Description: GRand Unified Bootloader バージョン 2 (PC/BIOS バージョン)
 GRUB は移植可能で強力なブートローダです。このバージョンの GRUB は前のバー
 ジョンよりもきれいな設計に基づいており、また以下のような新しい特徴を持って います。
 .
  - Scripting in grub.cfg using BASH-like syntax.
  - Support for modern partition maps such as GPT.
  - Modular generation of grub.cfg via update-grub.  Packages providing GRUB
    add-ons can plug in their own script rules and trigger updates by invoking
    update-grub.
  - VESA-based graphical mode with background image support and complete 24-bit
    color set.
  - Support for extended charsets.  Users can write UTF-8 text to their menu
    entries.
 .
 このパッケージには、伝統的な PC/BIOS アーキテクチャで使うために構築された バージョンの GRUB が含まれています。

N: 追加レコードが 1 件あります。表示するには '-a' スイッチを付けてください。
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

grub2 を扱うためのパッケージのようです。一方 grub-legacy-ec2 パッケージを表示させると

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ apt show grub-legacy-ec2
Package: grub-legacy-ec2
Version: 1:1
Priority: extra
Section: admin
Origin: Ubuntu
Maintainer: Ubuntu Developers <ubuntu-devel-discuss@lists.ubuntu.com>
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Installed-Size: 82.9 kB
Depends: debconf (>= 1.5.19) | cdebconf, ucf, debconf (>= 0.5) | debconf-2.0
Suggests: grub-legacy-doc
Conflicts: grub
Task: cloud-image, server
Supported: 5y
Download-Size: 19.4 kB
APT-Manual-Installed: no
APT-Sources: http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/main amd64 Packages
Description: Handles update-grub for ec2 instances
 EC2 instances that use grub-legacy as a bootloader need a way to keep
 /boot/grub/menu.lst up to date while not conflicting with grub-pc.
 This package provides that.

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

とあり、EC2 で grub-legacy を使うためのパッケージのようです。

回避策

基本的にサーバーで apt upgrade はやらないのですが、さきほど挙げた記事に回避策が載っているので、念のため実行しておきます。

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo apt-get update
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo mv /boot/grub/menu.lst /boot/grub/menu.lst.org
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo update-grub-legacy-ec2 -y
Searching for GRUB installation directory ... found: /boot/grub
Searching for default file ... found: /boot/grub/default
Testing for an existing GRUB menu.lst file ... 

Could not find /boot/grub/menu.lst file. 
Generating /boot/grub/menu.lst
Searching for splash image ... none found, skipping ...
Found kernel: /boot/vmlinuz-5.3.0-1017-aws
Found kernel: /boot/vmlinuz-4.15.0-1052-aws
Found kernel: /boot/vmlinuz-4.15.0-1044-aws
Updating /boot/grub/menu.lst ... done

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo apt-get dist-upgrade
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo apt autoremove --purge
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo reboot

これで問題なく更新できるようになるようです。

Let's Encrypt のプロトコルを ACME v1 -> ACME v2 に変更しました

少し前に、 Let's Encrypt から下記のようなメールが来てました。

Hi,

According to our records, the software client you're using to get Let's 
Encrypt TLS/SSL certificates issued or renewed at least one HTTPS certificate 
in the past two weeks using the ACMEv1 protocol. Here are the details of one 
recent ACMEv1 request from each of your account(s):

Client IP address:  xxx.xxx.xxx.xxx

User agent:  CertbotACMEClient/0.23.0 (certbot; Ubuntu 18.04.2 LTS) Authenticator/webroot Installer/None (renew; flags: n) Py/3.6.8 

Hostname(s):  "xxxxx.example.com" 

Request time:  2020-04-17 05:28:17 UTC 

Beginning June 1, 2020, we will stop allowing new domains to validate using 
the ACMEv1 protocol. You should upgrade to an ACMEv2 compatible client before 
then, or certificate issuance will fail. For most people, simply upgrading to 
the latest version of your existing client will suffice. You can view the 
client list at: https://letsencrypt.org/docs/client-options

If you're unsure how your certificate is managed, get in touch with the 
person who installed the certificate for you. If you don't know who to 
contact, please view the help section in our community forum at 
https://community.letsencrypt.org/c/help and use the search bar to check if 
there's an existing solution for your question. If there isn't, please create 
a new topic and fill out the help template.

ACMEv1 API deprecation details can be found in our community forum: 
https://community.letsencrypt.org/t/end-of-life-plan-for-acmev1

As a reminder: In the future, Let's Encrypt will be performing multiple 
domain validation requests for each domain name when you issue a certificate. 
While you're working on migrating to ACMEv2, please check that your system 
configuration will not block validation requests made by new Let's Encrypt IP 
addresses, or block multiple matching requests. Per our FAQ 
(https://letsencrypt.org/docs/faq), we don't publish a list of IP addresses 
we use to validate, and this list may change at any time.

To receive more frequent updates, subscribe to our API Announcements: 
https://community.letsencrypt.org/t/about-the-api-announcements-category 

Thank you for joining us on our mission to create a more secure and privacy-
respecting Web!

All the best,

Let's Encrypt

どうも、

Let's Encrypt の更新で使っているプロトコル ACME v1 が古いので ACME v2 に変更してください。 変更しないと更新できなくなりますよ。

ということのようです(2020/6/1という日付は、 ACME v1 での新規ドメインの受付を停止する期日なので、すぐさま更新できなくなるわけではないようです)。

ということなので、 ACME v2 を使うようにしてみます。

certbot の更新

上記のメールを読むと、クライアント(こちらの記事でセットアップした Rainloop のサーバーなので、クライアントは certbot になります)を更新すればOKだよ、とあるので、とりあえず更新してみます。

現在の certbot のバージョンが 0.23.0 だったので、

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ apt list --upgradable | grep -i cert 

で確認すると certbot のバージョンは 0.27 でした。

これもちょっと古いっぽいです。

ソースコードから入れなきゃいけないのかなと思いつつもうちょっと調べてみると、 certbot の提供元のサイトで OS とWebサーバーを入力したら、PPA を追加したら最新版が使えそうなことがわかりました。

Certbot - Ubuntubionic Apache

追加してみます。

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo add-apt-repository ppa:certbot/certbot
 This is the PPA for packages prepared by Debian Let's Encrypt Team and backported for Ubuntu.

Note: Packages are only provided for currently supported Ubuntu releases.
 詳しい情報: https://launchpad.net/~certbot/+archive/ubuntu/certbot
[ENTER] を押すと続行します。Ctrl-c で追加をキャンセルできます。

ヒット:1 http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu bionic InRelease
ヒット:2 http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-non-free bionic InRelease                                                                                                             
ヒット:3 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease                                                                                                          
ヒット:4 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease                                                                                                  
ヒット:5 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports InRelease                                
取得:6 http://ppa.launchpad.net/certbot/certbot/ubuntu bionic InRelease [21.3 kB]                                      
ヒット:7 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease                         
取得:8 http://ppa.launchpad.net/certbot/certbot/ubuntu bionic/main amd64 Packages [8,032 B]  
取得:9 http://ppa.launchpad.net/certbot/certbot/ubuntu bionic/main Translation-en [4,176 B]
33.5 kB を 2秒 で取得しました (19.4 kB/s)                      
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

確認してみます。

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo apt update
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ apt list --upgradable | grep certbot

WARNING: apt does not have a stable CLI interface. Use with caution in scripts.

certbot/bionic 0.31.0-1+ubuntu18.04.1+certbot+1 all [0.23.0-1 からアップグレード可]
python3-acme/bionic 0.31.0-2+ubuntu18.04.3+certbot+2 all [0.22.2-1ubuntu0.1 からアップグレード可]
python3-certbot/bionic 0.31.0-1+ubuntu18.04.1+certbot+1 all [0.23.0-1 からアップグレード可]
python3-configobj/bionic 5.0.6-2+ubuntu18.04.1+certbot+1 all [5.0.6-2 からアップグレード可]
python3-future/bionic 0.15.2-4+ubuntu18.04.1+certbot+3 all [0.15.2-4ubuntu2 からアップグレード可]
python3-josepy/bionic 1.1.0-2+ubuntu18.04.1+certbot+1 all [1.1.0-1 からアップグレード可]
python3-parsedatetime/bionic 2.4-3+ubuntu18.04.1+certbot+3 all [2.4-2 からアップグレード可]
python3-zope.component/bionic 4.3.0-1+ubuntu18.04.1+certbot+3 all [4.3.0-1 からアップグレード可]
python3-zope.hookable/bionic 4.0.4-4+ubuntu18.04.1+certbot+1 amd64 [4.0.4-4build4 からアップグレード可]
python3-zope.interface/bionic 4.3.2-1+ubuntu18.04.1+certbot+1 amd64 [4.3.2-1build2 からアップグレード可]
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

0.31.0 が使えるようです。

certbot の更新

本当は certbot だけ更新すればよかったのですが、何を思ったか勢い余って、

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo apt upgrade

でシステム全体のアップグレードをしてしまいました。我ながらイケてないですね。

一応、書いておくと、アップグレード中に

設定ファイル '/etc/cron.d/certbot'
 ==> これはインストールしてから (あなたかスクリプトによって) 変更されています。
 ==> パッケージ配布元が更新版を提供しています。
   どうしますか? 以下の選択肢があります:
    Y か I  : パッケージメンテナのバージョンをインストールする
    N か O  : 現在インストールされている自分のバージョンを残す
      D     : 両バージョンの差異を表示する
      Z     : 状況を調査するためにシェルを開始する
 デフォルトでは現在使っている自分のバージョンを残します。
*** certbot (Y/I/N/O/D/Z) [デフォルト=N] ? 

と聞かれたので、デフォルトのNを選びました。

更新した certbot のバージョンを確認すると

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ certbot --version
certbot 0.31.0
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

無事 0.31.0 になっているようでした。

ACME v2 を利用していることの確認

さて、これで本当に問題ないのか不安です。そこで、 ACME v2 を使っている確認を行ってみました。

Let's Encrypt のサイトに下記の記述があり

Update your client software to continue using Let's Encrypt - Help - Let's Encrypt Community Support

--dry-run 付で renew を実行して、v2 のステージング環境につながっていればよいような感じです。

日本語の記事もありました。

Let’s EncriptのCertbot向けACMEv2対応手順(Update your client software to continue using Let’s Encrypt) – 株式会社ルーター

試してみます。

ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ sudo certbot renew --force-renew --dry-run --webroot-path /var/www/html/ドキュメントルート
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Processing /etc/letsencrypt/renewal/xxxxx.example.com.conf
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
Renewing an existing certificate
Performing the following challenges:
http-01 challenge for xxxxx.example.com
Using the webroot path /var/www/html/ドキュメントルート for all unmatched domains.
Waiting for verification...
Cleaning up challenges

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
new certificate deployed without reload, fullchain is
/etc/letsencrypt/live/xxxxx.example.com/fullchain.pem
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
** DRY RUN: simulating 'certbot renew' close to cert expiry
**          (The test certificates below have not been saved.)

Congratulations, all renewals succeeded. The following certs have been renewed:
  /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/fullchain.pem (success)
** DRY RUN: simulating 'certbot renew' close to cert expiry
**          (The test certificates above have not been saved.)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ubuntu@ip-xxx-xxx-xxx-xxx:~$ 

ログを確認します。

Server: nginx
Date: Wed, 13 May 2020 12:49:22 GMT
Content-Type: application/pem-certificate-chain
Content-Length: 3567
Connection: keep-alive
Cache-Control: public, max-age=0, no-cache
Link: ;rel="index"

こんな感じで、 acme-staging-v02 とあるので、大丈夫そうな感じです。

証明書の更新が行われたら、再度確認してみようと思います。

Thinkpad T410 を Windows 10 にアップグレードしました

コロナ対策の一環で子供の学校が休校になり、その面倒をみるため家にいることが多くなってきたので、子供の目を盗んで溜まっていた作業をこなすことにしました。

まずは、自宅用の古いノートPCを Windows 7 から WIndows 10 にアップグレードしたいと思います。

Thinkpad T410

対象の機種は Thinkpad T410 です。ネット探したら、当時のPDFがまだ落ちていたので、一応貼っておきます。

https://static.lenovo.com/jp/pamphlet/2010/ThinkPad-T410sT510T410-2010-03-25.pdf

メモリだけ増設して8GBにして使っています。購入時期を調べたら、2010年3月になってました。長生きですねー。

まあ、だいぶもっさりしてるのですが、たまに自宅で事務作業したりするのに使うので、もう少し生き延びてもらおうという腹です。

Lenovo 公式サイトでは T410 は Windows 10 へのアップグレード対象機種にはなっていません(下記リンクは Windows 10 1507 の時のリストです、以前はもう少し明確に対象外と示されていたリストがあったようにも思うのですが見つけられませんでした)。

Windows 10 アップデート 2015年7月 / バージョン 1507 - サポート対象システム - JP

でも、ネットを調べると Windows 10 に上げて使ってる方々が多数いるようです。

ThinkPad Edge E520とT410をWindows10へアップグレード : 小さいって事は・・・

Thinkpad T410をWindows10にアップグレード | こだわりの中古ノートPCをもくもくと探すブログ - 楽天ブログ

なので、試してみることにしました。

Windows 10 へのアップグレード

まず、作業前に、消えたら困るデータのバックアップだけしておきます。システムについては、もしアップグレードに失敗して壊れたら、 Linux か何かに転用するつもりなので、リカバリーメディアなどは作りません。

Microsoft 公式にアクセスして、ツールをダウンロードします(作業時点では Windows 10 1909 が対象でした)。 そのまま、何も考えずにダウンロードしたツールをクリックして、アップグレードを開始します。

で、これで問題なく進むかと思いきや、ダウンロードが 46% になってから30分以上たってもすすまないという現象に遭遇しました。

f:id:junichim:20200513152137p:plain

なんかおかしいなと思い、ネットを調べてみると、46%で検索に引っかかります。まさかの同じような問題に遭遇してる方がたくさんいたようです。

46%問題への対応

いくつかの記事で解決方法が紹介されていたので、早速試します。

更新時のオプションの変更

まずは、下記の記事の方法、

Windows10アップグレードで46%更新プログラムをチェックから進まない場合やり直す方法 | パソコンりかばり堂本舗

アップグレードが止まったら、一度中止して、不要なファイルをクリーン後、『Windows セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更』を選択する、というものです。

試してみます。 アップグレードを右上の×ボタンで停止すると、クリーンアップしていますと表示されますが、終わらないので、そのまま強制的に再起動します。 再起動後、Cドライブのプロパティから

f:id:junichim:20200513154530p:plain

『ディスクのクリーンアップ』を選び、続いて、『システムファイルのクリーンアップ』を選びます。

f:id:junichim:20200513154706p:plain

表示された下記の画面で、

f:id:junichim:20200513154732p:plain

『一時 Windows インストールファイル』『Windows Update のクリーンアップ』(および不要そうな他の項目も)を選択し、終了後は再起動かけます。

で、二回目のアップグレード実行を試してみたのですが、手元の環境の場合、アップグレード中に紹介されているオプション『Windows セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更』が表示されませんでした。

コントロールパネルの Windows Update の設定変更

うまくいかなかったので、再度クリーンアップを行って、次に試したのが下記の方法です。

【Windows10にアップグレード】 「更新プログラムをチェックしています: 46%」 で止まる場合の解決策 | こんぷれ

アップグレードツール側ではなく、Windows 7 のコントロールパネルの『Windows Update』にて、設定を変更する、という方法です。

手元の環境だと、下記のような設定だったのを、

f:id:junichim:20200513152613p:plain

下記のように変更しました。

f:id:junichim:20200513152631p:plain

これで、再度試しましたが、やはり46%で止ってしまいます。 もっとも30分程度で進捗がないと判断しているので、ひょっとしたらもっと待てば進んでるかもしれませんが、そこは未検証ですので悪しからず。

オフラインでのアップグレード

最後に試したのが、USBにアップグレード用のインストールメディアを書き込んで、これからアップグレードする、という方法でした(一つ目の記事の最後に載ってますね)。 今回は、USB作成後、念のためインターネット接続を切断しておきました。

アップグレードの開始は、てっきりUSBブートしないといけないのかと思い込んでいたのですが、USBの中身をみたら、setup.exeがあったので、これをダブルクリックしたところ、問題なく、アップグレードが始まりました。

USBメディアからのアップグレードの場合、アップグレードプロセス開始後、

f:id:junichim:20200513153314p:plain

という最初の記事にあった変更オプションが表示されました。 一応、念のためオフにしておきます(ネットを切断してあるので関係ないはずですが)。

f:id:junichim:20200513153428p:plain

T410の場合、『Rescue and Recovery』という Lenovo 製のツールをアンインストールしろ、と出てきたので、そのままアンインストールして再起動しました。

f:id:junichim:20200513153456p:plain

なお、再起動後は自動でアップグレードプロセスに復帰するわけでもなかったので、もう一度手作業でUSBからsetup.exeを起動してます。

今度は46%で止まることなく、無事にインストール準備完了画面になりました。

f:id:junichim:20200513153758p:plain

あとは、画面の指示に従って進めていけば、無事に Windows 10 がインストールされました。

その後

T410 を Windows 10 にアップグレードした記事などを見ると、画面周りで不具合があった記事なども見かけたのですが、幸い手元の環境の場合、特にトラブルもなく動作しています。

次は、HDDをSSDに換装して、さらに延命措置を図ろうと思います。