読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

ローカルWebサーバセットアップ

森ソフトのホームページはホスティングサービスを利用して、CMSとしてJoomla!を使っています。Joomla!に関するテストや動作確認をしたいことが増えてきたので、ローカルの環境にもWebサーバを立てて、Joomla!をインストールすることにしました。

今回、Webサーバを立てた際の手順や設定についてメモを残しておきます。

OSのインストール

仮想環境を利用して、仮想マシンにWebサーバ用のOSをインストールしました。ホスティングサービスで提供されているOSと同じものを選ぶことも考えたのですが、簡単な動作確認が多いと思われるので、セットアップの簡単そうな Ubuntu 9.10 Server 64bit版を選択しました。

  1. PCを起動して、Ubuntu 9.10 Serverをセットアップします。セットアップ画面の選択は下記のように行ないました。
    • セットアップ画面で、Lampサーバ, OpenSSHサーバを選択します。
    • パッケージの自動更新はしない、を選択します(手動更新になります)
    • MySqlのパスワードを求められるので、適切なものを設定します。
  2. パッケージを更新します。sudo apt-get update; sudo apt-get upgrade; など。
  3. いくつかのパッケージを追加でインストールします。
    • gcc (VMwareToolsインストール時に使用するため)
    • manpages-ja (日本語manページ)
    • nkf
    • lv (高機能な多言語対応のページャ)
    • proftpd (Joomla!で使用するため)
  4. ルートユーザにパスワードを設定します。sudo passwd root
  5. VMwareToolsをインストールします
  6. 一応、sshでのルートによるログインを禁止にしておきます。vi /etc/ssh/sshd_configで、PermitRootLogin yesの行を no に変更します。

なお、ローカルでのテストに使うだけなので、IPアドレスは固定にしていません。

apacheの設定

今回はローカルWebサーバということもあり、簡単に以下のように設定しました。ファイルは、/etc/apache2からの相対パスです。

  • conf.d/securityファイル ServerSigniture Off, ServerTokens Prod
  • mods_enabled/alias.confファイル Alias / "/home/ユーザー名/www/" を追加
  • mods_enabled/status.confファイル Allow from ローカルネットワークアドレス/ネットマスク を追加
  • sites-enabled/000-defaultファイル AllowOverride All に変更
  • apache2.confファイル conf.d/security, sites-enabled/000-default をIncludeに追加

作業時に個人ユーザのアカウントをそのまま使いたかったので、Webの公開ディレクトリへアクセスすると、個人のホームディレクトリに作ったwwwディレクトリを見るようにしました。

(参考にしたサイト)

http://blog.kcg.ne.jp/blog/sato_si/archive/keyword/PHP

http://d.hatena.ne.jp/Fiore/20080307/1204917204

http://www.lowlevellife.com/?p=151(proftpdについて)

 

Joomla!のインストール

上記のようにOS、apacheを設定したら、Joomla!をインストールします。あらかじめJoomla!インストール時のチェックでひっかからないように設定してから、インストールを始めています。なお、今回いんすとーるしたのは、Joomla! 1.5.15です。

  1. サーバー上で、wget Joomla!のパッケージダウンロードのURL として、Joomla!の日本語版のパッケージを取得します。
  2. cd ~/www; tar jxvf ファイル名 として解凍します(今回取得したがbzip2のファイルでした)
  3. cd joomla; touch configuration.php; chmod a+w configuration.php; として書き込み権限を与えておきます
  4. /etc/php5/apache2/php.iniファイルを編集して、display_errors = off に変更します
  5. ブラウザから サーバのIPアドレス/joomla/へアクセスすればインストールが始まります。
  6. インストール途中で、FTPアクセスを有効にするかどうかたずねられるので、yes を選択し、ユーザー名とパスワードを入力します
  7. 手順に従えば、問題なくインストールが終了します
  8. インストール後、管理画面からログインします
  9. 日本語パッケージをインストールします(siteとadminの両方とも)