読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

【EC2】 Subversion+Redmine環境の構築 (番外) : Java7環境からのSSL接続時のエラーへの対応

ツール EC2 redmine

これまで、Subversion + Redmine で快適に使っていたのですが、Ubuntu14.04に新たな開発環境をセットアップして、既存のリポジトリからプロジェクトをインポートしようとしました。

ところが、このときに、SVNからエラーで怒られてしまいました。エラーメッセージを控え損ねたんですが、

handshake aleart: unrecognized_name

 のような内容だったと思います。

 

このときの、開発環境を書いておくと、

  • Ubuntu 14.04LTS Desktop 日本語Remix 64bit
  • eclipse Standard 4.3.2 SR2
  • Subversive 2.0, SVN Kit 1.7
  • Openjdk-7 (default-jdk パッケージによりインストール)

というものでした。

 

基本的に、デフォルトに近いものをインストールしているので、なんでだろうと思って調べてみると、

などの記事にあるように、Java7になってからの機能が原因で起こったようでした。

(いままでの開発環境は、Ubuntu 12.04 で Javaは1.6が基本だったので、起こらなかったようです)

 

解決方法

自分で使っているプライベートのサーバーなので、今回は解決方法として、サーバー側の設定を変更します。

 

今のSubversionはBitnami Redmineスタックを使ったやつです(設定はこちらを参照)。

参考記事と同様に、apach2/conf/extra/httpd-ssl.conf にあるServerNameを修正します。

##
## SSL Virtual Host Context
##

<VirtualHost _default_:443>

#   General setup for the virtual host
ServerName development.mori-soft.com

 これで、サーバーを再起動します。

$ /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

 

 再起動後、もう一度Subversive から接続してみると、今までと同じくサーバー証明書を信頼するか?という確認画面が表示されました。証明書を信頼すると問題なく接続できました。

 

これで、問題無しです。