読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

【Android】 ADT, eclipse アップデート(3.5 -> 4.2)

スマートフォン android

今の開発環境が、eclipse 3.5 (Galileo) なので、最新のADTへのアップデートができませんでした。しばらくは、別記事に書いたようにADT 15まではアップデートしてごまかしていたのですが、そろそろ最新版を使いたくなったので、eclipseからアップデートすることにしました。

その作業時のメモを備忘録替わりにまとめておきます。環境は下記のとおりです。

ホストOS : Windows7 Home Premium(64bit)

VMWare Player 3.1.5

仮想マシン : Ubuntu 10.04 LTS デスクトップ版(32bit)

eclipse 3.5 (Galileo), Eclipse IDE for java Developer

ADT : 15.0.1

Android SDK Tools : r15

Android SDK Platform-tools : r9

 

1.仮想マシンのHDD容量の増加

androidの開発環境は、VMWare Player上に仮想マシンを立てて、そのうえに作っています。ところが、HDDの容量が少なかったため、最初にeclipseのアップデートをしたらディスク容量不足になってしましました。

なので、下記の手順を参考にして、HDDの容量を増やします。

VMWare Playerで仮想ディスクのサイズを変更する

手順はこの通りで、HDDの容量は自分の環境に合わせて調整しました。

 

2.eclipseとADTのアップデート

無事、HDDの容量を増やしたら、次に本題となるeclipseのアップデートを行います(3.5 (Galileo) から 4.2(Juno)へ)。

実は、何も考えずに作業をしたところ、プラグインで追加していたSubversive関係でアップデートができないというようなメッセージが出たので、eclipseのアップデート前に、Subversiveのアンインストールを行いました。

  1. メニューの Help -> About Eclipse -> Installation Details を選択します(下記画面が表示されます)
  2. Subversive を選択して、Uninstallボタンを押します(今回は、SVN Connector等はアンインストールしませんでした)
  3. 問題なくSubversiveのアンインストールができたら、次に、メニューから Windows -> Preferences -> Install/Update -> Available Software Sites を選択します。
  4. Addボタンを押し、Junoのリポジトリを追加します。
  5. メニューに戻り、Help -> Check for Updates を選択します。
  6. しばらく待つと、アップデート可能なプログラムの情報が表示されます。
  7. 全てを選択して、Nextを押し、画面の指示に従ってアップデートを行います。
  8. アップデート後、eclipseを再起動します。

(参考サイト)

FAQ How do I upgrade Eclipse?

http://wiki.eclipse.org/Eclipse_Project_Update_Sites - eclipseの各バージョンのリポジトリについて

 

3.Android SDKのアップデート

  1. eclipseの再起動後に、下記のようなメッセージが表示され、Android SDK のアップデートを行うように促されます
  2. ここで、Open SDK Manager を選択すると、Android SDK Manager が起動します
  3. 既に、アップデート対象のチェックが終わっているので、Install xx packages ボタンを押します(パッケージ数はSDKの状態に応じて変わります)
  4. あとは画面の指示に従いアップデートを行います
  5. eclipseの再起動を行います

アップデート後のバージョンは次のようになりました。

eclipse 4.2(Juno), Eclipse IDE for Java Developer

ADT : 20.0.2

Android SDK Tools : r20.0.1

Android SDK Platform-tools : r14

 

4.Subversiveのアップデート

ここまでで、eclipseとADT及びAndroid SDK のアップデートは無事に完了です。また、最初にSubversiveのプラグインをアンインストールしていたのですが、Junoへアップデートすると自動的にインストールされるようです。

しかし、Subversiveのサイトを見ると、JunoではSubversive のバージョンは1.0になるようなのですが、手元の環境では0.7.8のままでした。多分、以前のSVN Connector をアンインストールしていなかったことが原因ではないかと思われます。

また、subversiveのサイトを見ると、0.7.xから1.0へアップデートするためには、一旦0.7.xをアンインストールしろとあります(Latest Releases)。

そこで、Subversiveをアンインストールして、1.0にアップデートしてみました。

  1. Subversive をアンインストールしようとしても、アンインストールする場所がわかりません。なので、代わりに、SVN Connectorをアンインストールしてみました。メニューから、Help -> About Eclipse -> Installation Details を選択します。
  2. Installed Software のタブで、SVN ConnectorとSVNKit を選択し、アンインストールします。SVN Connector をアンインストールすることで、Subversive もアンインストールされるようです(アンインストール後、Help -> About Eclipse を見ると、Subversiveのアイコンが無くなっていました)。
  3. 次に、Help -> Install New Software を選択します
  4. Work with の欄に、Junoのサイトを入力します(eclipseのアップデート時に登録してあるので、ドロップダウンリストで選択できるはずです)
  5. しばらく待つと、リストが表示されるので、Colllaboration から、インストールしたいソフトウェアを選択します。今回はSubversive Revision Graph, Subversive SVN Team Provider, Subversive SVN Team Provider Localization の3つを選びました。
  6. Nextボタンを押します
  7. さらに、Nextを押して、画面の指示に従ってインストールします
  8. インストールが終わったら、eclipseを再起動します
  9. eclipseを再起動すると、下記のようなエラーメッセージが表示されます
  10. OKを押すと、SVN Connectorのインストール画面が表示されるので、画面の指示に従ってインストールします
  11. SVNのバージョンに対応するSVN Connector を選択します(ここでは、SVN Kit 1.3.7を選択しています)。
  12. finishボタンを押して進むと、インストールするソフトウェアの確認画面が表示されます。
  13. Nextを押して、画面の指示に従ってインストールします
  14. eclipseを再起動すればOKです

今回の作業において、SVN Connector のインストール用に、自分でSoftware Site を追加しませんでした。Subversive(eclipse?)が自動的に正しいサイトを追加してくれているようです。インストール後に、Window -> Install/Update -> Available Software Sites を確認すると、

Update Siteの名称で、http://community.polarion.com/projects/subversive/download/eclipse/3.0/juno-site/ が追加されていました。

(上記画面キャプチャの『Update Site』の3行上に見える『Subversive SVN Connector Site』は以前のバージョンをインストールしたときのものです。)

なお、今回は最初にSVN Connector のアンインストールを行いましたが、アンインストールを行わずにSubversiveのインストールをしようとすると

のように、『Subversiveがインストールされているからインストールできません』と怒られます(当たりまえと言えば当たり前ですね)。