読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーのメモ書き

伊勢在住のプログラマーが気になることを気ままにメモったブログです

【Android】Ubuntuでの開発環境構築 (番外) Eclipseの日本語化失敗

スマートフォン android

Android開発環境のEclipseですが、英語のままでは分かりにくいので、日本語化に挑戦しました。

しかし、結論からすると、手元の環境の場合、NullPointerExceptionが発生してしまいました。

Pleiadesのインストール

Eclipseの日本語化にはPleiadesを使用しました。

Pleiadesの1.3.1をダウンロードして、適当なディレクトリに解凍します。

解凍したディレクトリの features と plugins をeclipseのあるディレクトリにコピーします。たとえば、

cd ~/bin/pleiades
cp -p -R features ../eclipse
cp -p -R plugins ../eclipse

(~/bin/pleiadesに解凍し、eclipseが~/bin/eclipseにある場合)

次に、eclipse.iniを開き、最後の行に、

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

を追加します。

Eclipseを

cd ~/bin/eclipse
./eclipse -clean

のように-cleanオプション付きで起動します。

問題点

Eclipseを起動すると問題なく日本語化されています。また、この時点では例外もなく問題ありませんでした。

しかし、Eclipse上でAndroidプロジェクトを作成すると、NullPointerExceptionが発生した旨のメッセージがコンソールに大量に出力されてしまいました。

ただし、このままでも、Eclipse上で正常にソースコードの編集も可能でしたし、また作成したアプリケーションの実行も問題なくできました。

手元の環境の問題なのか、 ソフトウェアバージョンの組み合わせの問題なのかよくわからなかったのと、先々よくわからない現象に悩まされるのも嫌だったので、今回はとりあえず日本語化は取りやめました。

なお、同様の現象は、Eclipse Classic 3.5.2 を使った場合も発生していました。